脱毛施術時にピルを飲んでいる場合

「ピルを服用している方は脱毛を受けられません」このように、一部脱毛サロンで断られる女性も少なくないようです。
何故ピルを服用していると、脱毛を受けることが出来ないのでしょうか?
実は、脱毛効果や皮膚のダメージなどには、特になんら関係が無いことがわかっています。

もちろん個人差がありますので、一概には言えません。
多くの婦人科医や皮膚科の先生が、関係性が無いことを証明しているのです。
にも関わらず、一部サロンで断られてしまうのは一体どうしてなのでしょうか?
それは、“万が一の時に責任を負いたくないから”という理由が大きいでしょう。

”今の所大きな問題は出ていないと言えども、やはり何がしか違いがある人を受け入れるのは怖い”このような心理が働くため、一部サロンでは施術をお断りしているのです。
ですが、ピルを服用していても、全く問題なく脱毛施術を受けられるサロンも存在します。
サロンの脱毛方法によっても異なるようですのでカウンセリングの際や、電話予約の際に、ピル服用の旨を伝えて相談してみると良いでしょう。

子宮内膜症などの治療の一環としても利用されるピルをうしても飲まざるを得ない女性も多いと思います。
飲まなくてもこれと言った影響がない場合は、思い切って脱毛を始める際に服用を辞めることも一つの手です。
薬の服用を辞めるだけで、施術を受け入れ始めるサロンも多く存在するようです。
やはり、一度サロンや医師に相談をしてみることをオススメします。
名古屋のレーザー脱毛おすすめ病院ランキング | 美容医療の口コミ広場

TOP